豆知識

+ JAPAN

お子樣向け食材



北海道鮭フレーク


北海道産の鮭を原料として、北海道の工場で生産されています。日本式の鮭フレークは、一般的に、ややしょっぱいですが、この商品は、減塩で調理し、着色料や防腐剤は、一切使われませんので、健康的に召し上がってください。




明太子鮭フレーク


北海道産の鮭で作られて、粒々な魚肉がよく見られます。明太子を入れて、やや辛い味付けて、ご飯と一緒に召し上がったり、寿司やおにぎりを作ったりするのがお勧めです。鮭は、OMEGA3が含有し、心臓や骨に良く、子供の成長には、脳部に栄養を提供できます。


Snacks



胡麻黒大豆

 

北海道産の十勝黒という有名な黒豆で作られています。粒々大きくて、皮には光沢があり、煎りてから、サクサクな食感がします。味噌で味付けているので、甘くてあっさりの感じします。白胡麻を付けて、香りがよく出ます。
黒豆はタンパク質、不飽和脂肪酸、ビタミンなどのいろいろな栄養があります。ごもも胡麻と呼ばれています。髪の成長にも効いています。

 

 



韓国ドライナツメスライス


この商品は、韓国産のなつめを原料として、作られます。衛生管理をきちんとしている工場で種を取り、スライスしてから焙煎されています。水分の含有量が少ないので、サクサクな食感がよくできます。生産過程には、油揚げ使用しずに、防腐剤や調味料が使われてません。お菓子や、お茶入れでもお勧めです。

 



プリンクッキー


プリンクリームを厚クッキーに挟んでいて、日本では、タルトクッキーとも呼ばれます。プリンの味が強くて、一枚ずつ笑顔の包装袋に入れ、お土産でもお勧めです。

 



抹茶チョコ大福


大福とは、日本のお菓子の代表として有名です。抹茶味の餅皮、柔らかいホワイトチョコを挟んで、甘みと抹茶の苦みぴったりです。大福の賞味期間は短くて、7日間から90日間ぐらいです。日本のお菓子には防腐剤がありませんので、早急にお召し上がってください。

 



風車 都飴


金平糖は、日本では伝統歴史が長い京都で作られて、日本の伝統味があるお菓子です。金平糖は、色々な形、模様、色あって、一般的なお菓子以外には、特別な祝日にも、よく食べられます。風車 都飴は、風車の形で作られています。風を吹いたような感じを象徴しています。日本人はこの昔の飴に懐かしい気持ちを持っています。

 



招き猫チョコレートボール


シュガーで包んでいるチョコレートボールはいろいろなパッケージングで包装されています。特別な祝日にもよく食べられます。招き猫チョコレートボールは京都で製造られ、日本のデパートとお土産さんによく見られています。

 



北海道タマフクラ煎り豆


北海道産のタマフクラ大豆は、大きくて丸みがあり、たんぱく質がたくさん含んでいます。熱風で焙煎した大豆が、サクサクで、豆の香りが濃く、噛んだ後は、大豆の甘みが残っています。調味料や、防腐剤などが添加されなしで、大豆の元味を堪能できます。

 



メープルクルミ


クルミには、OMEGA3脂肪酸が含んで、脳部細胞の成長に効いています。また、心臓と血管に守ることができます。クルミは日本の焼く技術で作られ、揚げられなくてもパリパリの食感を出ることができます。更にメープルで調味し、クルミの甘みと香りを引くことができます。

 



北海道チーズスデイックー


100%北海道産のゴーダチーズで作られたチーズスデイックーが、味が濃く食感が柔らかいです。鱈のペーパーでチーズを挟んで、歯ごたえを楽しみます。チーズは、カルシウムとたんぱく質がたっぷりで、骨と脳部の成長に重要な質を提供できます。

 



韓国わかめ


このわかめは生長の間に、酸を使わずに日照時間で品質を管理しています。韓国わかめ は普通のわかめより、少ない塩と油を含んでいます。元の味を保つため、包装も独立し、便利で健康なお菓子です。

 

 


缶詰食品



紅ズワイカニ肉 

 

紅ズワイかには甘くて、すしや刺身として食べたり、蟹のご馳走に名物です。紅ズワイかに肉は、缶詰開けて、即席食べられます。またサラダや寿司にもお勧めです。

 

 



シーチキンフレークLite


大豆油で浸すツナ肉は、ちょうどいい塩味で、サラダやサンドイッチに合います。また、缶詰を開けて、即席食べられます。

 



蒲焼いわし


蒲焼たれの原材料は、醤油、砂糖、酒、または適量のしょうがです。串を打った上で焼き、 たれをを付けて出来上がり。

 



日本ICCアワビ缶詰


日本のアワビ缶詰というなら、ICCというブランドがよく知られています。日本産の吉品あわび原料で作られ、歯ごたえがよく、吉品アワビの元宝という特徴の形を持っています。祝日のお祝い、ギフト用などにも良い、簡単で家庭料理に日本のアワビの元味を堪能できます。

 

 


冷凍海產物



北海道冷凍ほたて貝柱


無汚染の北海道海域で成長するほたてが、殻と内臓抜き、貝柱の部分だけ、高速冷凍技術で加工されました。甘みがたっぷりで食感が爽やかです。解凍後、刺身として食べたり、中西料理で調理したり、作り方が色々あります。

 



日本冷凍ボイルほたて


北海道噴火湾の養殖ほたてを原料として、殻抜き、お湯でボイルしてから、高速冷凍技術で加工されました。バターで炒めたり、ピーマンなどの野菜に合わせてXOジャンで炒めたりするのが美味しくて栄養たっぷりです。

 



冷凍かき


韓国からの冷凍カキは、亜鉛などのミネラルとたんぱく質が豊富で、「海の牛乳」と呼ばれます。甘みがあり、ジューシーで、鍋のお勧め材料です。

 



北海道塩漬け鮭


北海道産の鮭は、太平洋白鮭と呼ばれ、漁期が秋となるので、よく秋鮭とも呼ばれます。鮭は回帰の特性を持つ魚で、北海道の川で孵化し,海に数年育て、最後生まれた場所へ回帰して産卵します。野生の秋鮭の肉はもっと引き締まり、豊かな不飽和脂肪酸を含んでいるので、脳、心臓や血管などの成長に有利だと考えられます。北海道塩漬け鮭は既に少しの塩で調味しましたので、解凍した後料理できます。

 



北海道イカ


イカとは、北海道で有名で、特に、北海道南の函館のイカが、日本で一番人気です。新鮮のイカを原料として、内臓抜いて、筒の部分だけ作られます。簡単で洗ってから、すぐ調理することができます。

 



冷凍タラバ


タラバは、キングクラブの一種類で、体が大きくて、寒い深海だけに捕られます。タラバの足が、肉多くて、甘いので、人気な食品です。センタカットされたので、すぐ食べやすいです。解凍後、刺身やサラダの材料にお勧めです。

 

 


お米



新潟県産コシヒカリと、秋田県産あきたこまち

 

日本のお米は、粘りあり、米香りが濃くて、特に新潟コシヒカリと秋田小町が有名です。新潟が、日本お米の有名の産地として、よく知られています。新潟は、多雪のとことで、雪が溶けたら、ミネラル豊富な水が、畑に流れ込み、肥沃な畑で品質がいいお米が育っています。
日本のお米を料理するには、水分を十分摂取するように、お水で30-40分くらい浸してから調理すりのが秘訣です。

 

 

 


お茶



日本玄米茶


日本では、来客や、茶道会のほかには、日常によく各種のお茶を飲んでいます。日本玄米茶は、緑茶茶葉に玄米を入れ、お茶の香りをしながら、玄米の香りもします。




北海道黒豆茶


北海道産の黒豆を厳選され、防腐剤や添加剤を入れません。焙煎した黒豆は、濃い豆香りで、粗挽きの黒豆でテイーバックを作っているので、中身の成分がよく出します。豆類のテイーバッグは、珈琲インなし、即席に入れて飲めるので、男女老若にも人気あります。


濃縮飲料



韓国ゆず茶


ゆずは韓国の莞島から出産です。韓国の梨を加え,加工技術も合わせ、いい香りを保つことができ、苦しみもなくなります。防腐剤と色素も入りません。ゆずはビタミンCを含み、免疫力や美顔に効いています。ゆずの酸は消化を促進できます。梨は肺とのどに守る効用があります。
個人の好みに合わせ、お湯を3〜4倍入れて下さい。お水でも美味しい味が出来ます。個別包装も提供していますので、いつでも韓国そのままの味を楽しむことができます。




韓国しょうが茶(ポーション)


韓国産しょうがに、蜂蜜入れ、しょうがの辛さに中和できます。しょうがは、体の冷えを外に出して、体を温める働きあり、のどにも潤います。夏に、しょうが茶を飲んだら、体の湿気も駆け出すことができ、冬の場合は、特に手足冷えによく効きます。
この商品は防腐剤と色素がありません。独立の包装で持ちやすいです。個人の好みに合わせ、お湯を3〜4倍入れて下さい。お水でも美味しい味が出来ます。個別包装も提供していますので、いつでも韓国そのままの味を楽しむことができます。


調味料



九鬼ヤマシチ純正胡麻油


九鬼ヤマシチ純正胡麻油 焙煎した胡麻は、焙煎温度により、濃い味と正常味があります。一般的に、焙煎温度が高ければ高いほど、胡麻の味が濃くなり、香りが強くなりますが、やや苦みがあります。一方、焙煎温度が低ければ低いほど、香りがやや弱いですが、胡麻の甘みがあります。




金胡麻ソース


日本産の金胡麻は、珍しくて、香りが濃くしています。日本産の金胡麻で作られるとレッシングが、サラダなどの調味料にお勧めです。


ふりかけと吸い物



韓国参鶏湯

 

参鶏湯は、補身料理として、韓国の代表料理で有名です。韓国人は、夏場に、一番暑い日(三伏日)に1)参鶏湯を飲んで、冬には寒いことを抵抗することができます。参鶏湯は既に季節と問わずに飲めるスープです。韓国の鶏肉、もち米、栗、棗と参を入れ、きちんと煮ると、鶏肉は軟らかくなります。スープには鶏や参の栄養がたくさん入っています。便利ですので、十分で韓国風のスープを楽しめられます。

 

 



野菜とたまごの具たくさんスープ


バキューム冷凍乾燥の方法で製造されています。普通の方法より、味と栄養を保つことができます。お湯を入れると元の姿に戻ります。軽いので、持ちやすいです。いつでも日本風のスープをお召し上がることができます。

 



日本味噌の具


日本出産の舞茸を入れたスープで、お湯を加えばお召し上がることができます。味噌と合わせてもぴったりです。

 



インスタント味噌スープ


インスタント味噌スープを温める方法は簡単です。インスタント味噌スープを加熱した後ご飯 と合わせてお召し上がってください。便利でいい匂いが出てます。

 

 


アミえび



日本の煮干


日本の煮干は、新鮮ないわしを煮て干したものです。甘みあり、香りが良くて、だしの材料として、よく使われます。煮干は、カルシウムたっぷりで、子供の骨成長に効いています。日本のかえりを、弱火でやや煎り、魚の香りがよりよく、サクサクな食感で、子供の健康お菓子になります。

 



素干し無色瀬戸内海アミ海老


日本瀬戸内海産のアミ海老で干したものです。無添加で、全く天然な味と色です。茶碗蒸しや中華料理によく似合います。

 



北海道干しするめ


北海道のイカで作られ、少し塩だけ味付けています。他の産地と比べ、金黄色くて頭と角の部分は深い黄色で、全体的に透明な感じだと見られています。味はしょっぱいので、スープの材料に合います。浸して柔らかくなった後、料理もオススミです。

 

 


お菓子(海產)



アーモンド小魚


日本では、海産物が豊富で、海産物で作られる御つまみが色々あって、アーモンド小魚が代表として、日本有名な御つまみです。日本小学生の学校給食から、栄養たっぷりで美味しいので、男女老若でも好きな御つまみになりました。原料は、日本の片口いわしで、もっと綺麗で生臭いにおいが少ないです。揚げられなくて麦芽糖で調味します。表面にもごまを加え、おいしく食べ易くなります。アーモンドも加え、栄養も増加します。
煮干は、カルシウムたっぷりで、子供の骨成長に効いています。アーモンドは豊かなビタミンEも含み、コレステロールを降下することができます。健康なお菓子だと思われます。

 



玉子ガニ


先進的な技術で処理し,カニの殻も食べられます。醤油で調味し、更に美味しくなります。珍しいお菓子だと思われます。カニの殻はカルシウムとキチン質がたくさん含み、骨の健康に効いています。また、キチン質は免疫力をアップさせられ、老化を遅らせます。カニとカニの殻を一緒に食べると、栄養がたくさんもらえます。

 



焼きホタテ


新鮮な帆立を調味後に焼き、甘みがたっぷりで、帆立の匂いがよく保留されています。熱風で焼いているので、従来の帆立汁も保留して美味しいです。一粒ずつ個包装させていて、衛生で従来の帆立風味を提供できます。 帆立は、甘くて、栄養がたっぷりで、脂肪もコレステロールも低い海産物です。
帆立には、たんぱく質が高くて、大人と子供の健康に必要な物質です。

 



胡麻鱈スデイックー


おいしく焼いた鱈のペーパーで、黒胡麻を挟んで、スデイックー状に切っているので、便利で食べられます。鱈のペーパーは、歯ごたえを楽しんで、濃厚な胡麻香りを堪能できます。
鱈は、カロリーが低くて、たんぱく質がたっぷり。胡麻は、甘みあり、肌に潤い、補血で、体に良いです。

 



韓国焼きいか


韓国の焼きいかのシリーズが、味の種類が多くて、歯ごたえがあり、美味しいです。韓国風のコチュジャン付き、より一層な味を楽しむことができます。

 



わかめせんべい


焼いたわかめを味醂とごまで調味し、おいしくてパリパリな食感が出てます。わかめはいろいろな栄養が含んでいます。例えば、カルシウムは骨を強がります。

 



いわしせんべい


いわしを焼いてから薄切り、日本伝統的な麦芽糖で調味します。揚げられなくしても、パリパリな食感が出てます。また、甘くていい香りのごまを入れると、生臭いにおいを少なくなる。煮干は、カルシウムがたっぷりで、骨成長に効いています。

 



焼きエビ


エビを白玉粉を包んで焼くと、エビの味はたっぷりで、美味しくパリパリになります。新しい食感が出てきます。揚げられないので、普通な揚げ物より健康で、もっとエビの栄養を保つことができます。

 

 


豆と胡麻



大正金時

 

大正というのは、大正村で、言われば北海道帯広市というところです。昭和時代にこの村で金時豆が多く収穫したので、村の名前で名をつけました。金時豆は、小豆より大きくて丸帯で、歯ごたえあり、デザートやパン餡などに似合います。
大正金時は、質的にやや固いので、調理する前一晩に、水分を十分摂取させて、豆を浸しておいたら、もっと美味しくなれます。

 

 



北海道トヨマサリ


北海道トヨマサリは、遺伝子改造なし、粒々で豆香りが濃いです。トヨマサリは、たんぱく質たっぷりで、日本では、畑の肉とも呼ばれます。肉ほど栄養たっぷりというのです。

 



北海道光黒大豆


北海道産の黒大豆は、光黒と呼ばれ、表に光沢あり、長く浸しても皮剥きしにくいです。ケーキやデザートを作るのにお勧めです。日本では、お正月に黒豆を食べる習慣あり、黒豆は、健康と一生懸命勤めるという意味があります。日本料理の中にも、よく黒豆を入れて調理することが多いです。

 



日本黒胡麻、白胡麻、金胡麻


焙煎は、できるだけ濃く香りが出るように煎り、粒々でも熱を受けて、胡麻の香りが濃くなります。3種類の中に、金胡麻が一番珍しくて、胡麻の香りが一番濃く、胡麻の王様とも呼ばれます。